パッヘルベル:「マニフィカト・フーガ」I-1(詠唱付)

ヨハン・パッヘルベル
「マニフィカト・フーガ」:第1旋法によるフーガ 第1曲

Johann Pachelbel
Magnificat-Fuge : Primi Toni d-moll - Fuge I -1
T.101, P.257

《再現》
音律:(合唱)ピタゴラス音律/(オルガン)A.ジルバーマン音律
ピッチ:少し低めのコーアトーン(a'=462Hz)
オルガン:St Anne's, Moseley (Hauptwerk)
合唱:初音ミク(A, T)

(MP3)(SWF)

+   +   +

Magnificat anima mea Dominum
私の魂は主を崇めたてまつります。

+   +   +

聖歌「マニフィカト」の旋法に基づくフーガ集で、パッヘルベルのオルガン曲の代表作より第1曲。
出だしに聖歌「マニフィカト」のぷち詠唱付き。ミクさんが初めてやってきた時、試作として一番最初に歌ってもらった思い出の曲です。手始めにいきなりラテン語を歌わせてみました。ミクさんの出番は出だしのほんの20秒ほどで、パッヘルベルのオルガン曲が続きます。
オルガンは元は普通のXG音源でしたが、このほどバーチャルパイプオルガン「Hauptwerk」というソフト音源を導入してみたので、試しに作り直してみました。
歌はあえてオリジナル音源から転用しました。ピッチベンド手打ちでピュタゴラス律っぽいどに。
背景は、パッヘルベルが晩年にオルガン奏者を務めたニュルンベルクのゼーバルドゥス教会です。
(続き:
フーガV-1

投稿動画:
パッヘルベル「マニフィカト・フーガ」第1旋法フーガ1(Hauptwerkテスト)

Soli Deo Gloria
Kapelle Triona