ヴィヴァルディ「スターバト・マーテル」第1曲

「スターバト・マーテル」第1曲
アントニオ・ヴィヴァルディ
"Stabat Mater" RV.621: 1
Antonio Vivaldi

マリアPとのコラボ

《再現》
音律:シュニットガー中全音律/ピッチ:カンマートーン(a'=415Hz)

+   +   +

Stabat mater dolorosa
juxta Crucem lacrimosa,
dum pendebat Filius.

悲しみの母は立っていた
十字架の傍らに、涙にくれ
御子が架けられているその間

+   +   +

編成:ヴァイオリンT,U/ヴィオラ/通奏低音[チェロ/ヴィオローネ/ポジティフオルガン/テオルボ]
歌唱:巡音ルカ(和) 指揮:マリアP

【CD「ルカの巡音書」ライナーノーツより】
「聖母哀傷」とも訳される「スターバト・マーテル」(悲しみの聖母の意)は、中世以来のローマ・カトリック教会における宗教曲の一つ。
伝統的な歌詞は、わが子イエスを磔刑にされた母マリアの悲しみを想う内容となっており、数百人とも言われる作曲家が手がけた楽曲です。
今回は、「四季」などで日本でも広く知られる作曲家、アントニオ・ヴィヴァルディ作曲による楽曲
の冒頭を聴いていただきます。
しっとりとした巡音ルカの歌と、「古楽オケの神様」trionaさんによる伴奏をぜひお聴きいただきたいと思います。(マリアP)

当初は多忙のため遠慮を決め込んでいた今企画ですが、「とり〜なさんのオケでこの曲をやりたい!!」とおっしゃるマリアPさんの熱意に動かされて参戦させていただきました。
柔らかく透明感のある古楽器演奏をイメージして伴奏を再現しました。
華やかな「例のアレ」だけではない、ヴィヴァルディの教会音楽家としての一面をお聴き下さい。
(trionaP)

投稿動画:【巡音ルカ】スターバト・マーテル RV.621【ヴィヴァルディ】(ニコニコ動画)

Soli Deo Gloria
Kapelle Triona