サウィンの夜-Oíche Shamhna-(オリジナル日本語詞/スザート原曲)

原曲:ティールマン・スザート編 舞曲集「ダンスリー」よりロンドIX

Tielmann Susato (1500-1562) Vlaanderen (België)
"Danserye" - Ronde IX

《独自編曲》
作詞・編曲:Triona Klee
 イラスト:すももP様
音律:アロンのミーントーン/ピッチ:a'=440Hz

(MP3)(SWF)

+   +   +

移りゆくものと永遠なるものと
神々の境と人の地と
廻り廻る風 廻り来る時
響き合う夜 O
íche Shamhna

−この世とあの世 儚きものと永遠なるものと−
−廻り廻る風に乗せて 宴の調響け−


時の交わりあうこの夜
森はざわめき 土は鳴り
宴の音が夜空に響き
そして時は廻ってゆく

−森羅万象の精が 鬨の声をあげて−
−樹々はざわめき 星の光 泉を照らす−


いざ集え いざ燈明を 魂の灯火を
廻り廻る旋律 廻り廻る輪舞−ジグの調よ−
紡がれゆく調に 紡がれゆく運命−時は果てなく−
O
íche Shamhna Shona Dhuit! 〜サウィンの夜に祝福あれ〜
宴の夜は更ける−夜は更けゆく−

+   +   +

ボカロを手にして1年と4ヵ月、今回初めて日本語歌詞を付けた曲を作ってみました。ルネサンス期のフランドル(ベルギー)の舞曲を元に、ハロウィンソングぽい歌を付けた、いちおうオリジナル曲的な感じです。今回は、普段日の目を見ないレンをメインVoに、リンはポリフォニックに対旋律、ミクは主旋律の3度コーラスです。背景イラストは、ほんわか絵柄で定評のすももさんの作品をお借りしました!
編成:クルムホルン/リコーダー[アルト/テノール]/ヴィオラ・ダ・ガンバ[ディスカント/アルト/テノール/バス]/ドゥルツィアン(ファゴット)/ルネサンスハープ/プサルテリー/ファドーグ(ティン・ホイッスル)/バウロン

投稿動画:サウィンの夜-Oiche Shamhna-(レン・リン・ミク/スザート原曲)

Inventio Antiqua
Kapelle Triona