J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集より(ミサ曲風編曲)

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
平均律クラヴィーア曲集 第2巻第9番
2-フーガより(ミサ曲風編曲:キリエ)

Johann Sebastian Bach
Das wohltemperierte Klavier 2.teil Nr.9 E-dur BWV878
2-Fuge (Chor:"Kyrie eleison")

《独自編曲》
合唱原作:ありぽん様 編曲・伴奏:Triona Klee
音律:レーマン/バッハ不等分律 ピッチ:カンマートーン(a'=415Hz)

(
MP3)(SWF)

旧版
*おまけ:パロディー作
「Ave Regina Integra」

+   +   +

Kyrie eleison.
Christe eleison.
Kyrie eleison.

主よ、憐れみたまえ
キリストよ、憐れみたまえ
主よ、憐れみたまえ

+   +   +

原曲は鍵盤のための曲集。その中の一曲・ホ長調のフーガに、ミサ冒頭「キリエ」の詞を当てはめたパロディ・ミサ(※)です。ありぽんさんの編曲・作成されたアカペラ合唱を元に、さらにバロックオーケストラの伴奏を付けた二重編曲です。伴奏はバッハの小ミサ曲(BWV233-236)をイメージした独自編曲です。音律は、B.レーマン氏の研究による、『平均律クラヴィーア曲集』バッハ自筆譜の表紙に基づく調律法を採用 しました。
編成:オーボエ・ダモーレ(アルトA管オーボエ)T,U/フラウト・トラヴェルソ(バロックフルート)T,U/ヴァイオリンT,U/ヴィオラ/通奏低音[チェロ/ファゴット/ ヴィオローネ/ポジティフオルガン/テオルボ(低音リュート)] /合唱(SATB):初音ミク(バスとテノールの一部は8va)

*パロディ・ミサ(ラテン語 Missa Parodia):ルネサンス時代には、世俗音楽をミサ曲に編曲することが流行していました。この曲は、いわば現代の新しい試みによるパロディ・ミサです。

投稿動画:バッハ『平均律クラヴィーア』パロディミサ(初音ミク+古楽風伴奏)

Inventio Antiqua
Kapelle Triona