J.S.バッハ:カンタータ第8番「最愛の神よ、いつ私は死ぬのでしょうか」

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
カンタータ第8番より
1-合唱「最愛の神よ、いつ私は死ぬのでしょうか」

Johann Sebastian Bach
Kantate Nr.8 BWV8
1-Choral"Liebster Gott, wenn werd ich sterben?"

《再現》
音律:シュニットガー中全音律(D基準)/ピッチ:カンマートーン(a'=415Hz)
合唱:初音ミク(S.A.T), 鏡音レン(Bass)
(
MP3)(SWF)

+   +   +

Liebster Gott, wenn werd ich sterben?
Meine Zeit l
äuft immer hin,
Und des alten Adams Erben,
Unter denen ich auch bin,
Haben dies zum Vaterteil,
Da
ß sie eine kleine Weil
Arm und elend sein auf Erden
Und denn selber Erde werden.

最愛の神よ、いつ私は死ぬのでしょうか
私の時は常に走り去り
いにしえのアダムの末裔は
―その中には私も含まれますが―
父祖からの定めを背負っています
即ち、ほんのひとときを
地上で貧しく孤独に生き
その後、自らを大地に還すのです。

+   +   +

――遠い晩鐘のように鳴り響く通奏低音、ちくたくと秒を刻むピチカートと、24笛の時報を告げるフラウト・トラヴェルソが、刻々と過ぎゆく無常の時への瞑想を誘いつつ
オーボエ・ダモーレが穏やかなデュエットを紡ぎ、コラール合唱が哀愁の祈りを捧げます――
「春の墓地の気分」にも喩えられる、バッハの傑作教会カンタータより。
全体としてはカンマートーンのホ長調ですが、オルガンと合唱はコーアトーンのニ長調…という設定で、Dセンターにシフトしたシュニットガーのミーントーンを使用しました。ホ長調のままだといびつに聞こえがちなシュニットガーでも、そうすればきれいに響くようになりました。
背景は、有名なプラハのオルロイ天文時計と、ダルハイム修道院(Dalheim-Rödgen, ノルトライン=ヴェストファーレン州)です。
編成:オーボエ・ダモーレT,U/フラウト・トラヴェルソ/ホルン(定旋律)/ヴァイオリンT,U,ヴィオラ(ピチカート)/通奏低音[チェロ/ ファゴット/ヴィオローネ/ポジティフオルガン]/合唱:初音ミク S.A.T, 巡音ルカ(英) S.A.T.B, 氷山キヨテル(Bass)

投稿動画:バッハ:カンタータ8番:最愛の神よ、いつ私は死ぬのでしょうか(ボカロ) (修正版)
(旧版)バッハ:カンタータ8番:最愛の神よ、いつ私は死ぬのでしょうか(旧版)

Soli Deo Gloria
Kapelle Triona